読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「クンシラン」ランと付くがランじゃない!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

5月25日 誕生日、今日の誕生花「クンシラン

f:id:arb_takahashi:20170525031649j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170525031736j:plain

今日のバースデーフラワー【クンシラン

クンシランは、ヒガンバナ科なのに、葉っぱが枯れないで、
一年中緑の葉っぱ。ヒガンバナ科でもクンシランのような
花があるんですね。不思議に思ってます。
また、ランと付いてますが、ランの仲間ではありません。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170525031949j:plain

クンシランは、年間を通して平均気温が22~25度位の、
南アフリカナタールに分布し、毎年花を咲かせる多年草です。
南アフリカから、ヨーロッパを経て明治時代に、入ってきました。

クンシランという名前は、クリビア属の総称で、
リビア ミラビリスを除いて、森林の薄暗い場所に自生する。
リビア属は南アフリカに4種が自生していて、
リビア・ノビリスをクンシランと呼んでいたようですが、
一般的に流通しているクンシランは、クリビア・ミニアタです。

リビア・ノビリスが、花を下向きに咲かせるのに対し、
リビア・ミニアタは、上から横向きに花を咲かせるます。
流通しているのは、オレンジ色の花のクリビア・ミニアタで、
ほとんどがタネをまいて増やされています。
変種に白やクリーム色の花を咲かせるものが、
出回っているようですが、まだ見たことがありません。

ノビリスとは「高貴な」という意味で、
ミニアタは「朱色の」という意味です。

クンシランが春に咲くと豪華ですね。株の寿命が長いので、
毎年楽しめます。鉢植えでも楽しめますから、
育ててみては、いかがでしょうか。
半日陰と冬場の寒さと根腐れしないようにすれば、楽しめます。

f:id:arb_takahashi:20170525032123j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

クンシランは、午前中だけ陽が当たる場所で、
手入れもしないが毎年咲いてる。1年で葉が6枚以上増えると、
花が咲くそうですが、確かめたこともない。

また、クンシランは同じ株の花粉では、実がならないから種が、
出来ないそうです。別に植えてるクンシランと交配させ、
すると親株とは違った種類のクンシランが出来るそうです。
タネから育てた場合は、葉が16枚ほどに成長すると、
花が咲くようになるそうです。

クンシランは、寒さにあてないと花が咲かないようですが、
東京の冬場でも、地植えで放りっぱなしでも毎年咲いてる。

今日の誕生花「ハナイカダ」葉っぱの上に花がある!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

5月24日 誕生日、今日の誕生花「ハナイカダ」驚きの花!

f:id:arb_takahashi:20170524022235j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170524022340j:plain

今日のバースデーフラワー【ハナイカダ

ハナイカダは、葉っぱの上に花が咲いてます。
普通は枝の先に花が咲きますが、まったく別な世界です。
小さい花ですから、注意してないと気がつきません。
葉っぱの上の花と葉っぱで、筏(いかだ)に見立てたのでしょう。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 ヨメノナミダ
  • 特色 葉っぱの上に花
  • 科  ミズキ科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 4~5月

f:id:arb_takahashi:20170524022456j:plain

ハナイカダは、北海道南部以南の森林に自生します。
雌雄異株(しゆういしゅ)で、雌花も雄花も葉の中央に、
1~3個位の花が咲き、雌の木に黒い実がなります。
ハナイカダの実は甘味があり、食べられます。鳥が好んで食べてます。

ハナイカダの花を見ると、葉っぱの上にありますが、
よく観察すると、葉っぱの筋(主脈)の上に乗っています。
花と筋がくっついた状態でみられます。
葉っぱの真ん中に花が咲き、面白い位置に咲いていて、驚かされます。

ひとつの葉っぱで見つかるとハナイカダの花が、
たくさんの葉っぱに付いているのが見られます。
なんとも不思議な世界を見つけた気になります。
植物園などで、出会ったら驚かされると思います。

f:id:arb_takahashi:20170524022812j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ハナイカダは、葉っぱの上に花が咲いてる。不思議ですね。
最初は花筏(はないかだ)と知って、桜の花びらが連なって、
川を流れる様子を想像してしまいました。

葉っぱを見れば、表現が素晴らしいのにも気がつきました。
なんて珍しい花の姿、花が葉っぱと同色で小さく、
あまり目立ちませんから、見逃してしまいます。

植物の世界には、不思議なことがあると、感じた次第です。

今日の誕生花「アストロメリア」インカの百合!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

5月23日 誕生日、今日の誕生花「アストロメリア」

f:id:arb_takahashi:20170523022103j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170523022212j:plain

今日のバースデーフラワー【アストロメリア】

アストロメリアは、色が豊富で華やかな感じを受ける花です。
ヤマユリのように、花びらに斑点が付いてるのが特徴です。
ヤマユリよりはるかに小さいし、豪華さも叶いませんが、
色がバラエティーなので、楽しみが増えると思います。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 インカの百合
  • 特色 
  • 科  ヒガンバナ科
  • 原産 南米
  • 花期 5~7月

f:id:arb_takahashi:20170523022318j:plain

アストロメリアは、分類体系により、
ヒガンバナ科ユリ科アルストロメリア科に分類される。

南アメリカ原産で約50種が知られ、アンデス山脈の寒冷地に自生する。
1753年、南米旅行中だった植物学者カール・フォン・リンネが、
種を採集し親友のスウェーデンの男爵クラース・アルストレーマーの、 名にちなんで花に命名した。

1926年(大正15年)に、日本に入ってきました。
アストロメリアは、南米でヒガンバナ科ユリ科
アルストロメリア科とあるように、様々な花がたくさんある。
だが、日本には、ほとんど入ってきてない。

別名「インカの百合」と呼ばれる多年草で、花の花期が長く、
花色は赤、ピンク、白、黄色、オレンジ、青、紫、緑とあり、
切花にしても、1週間~10日位長持ちします。
見た目がとても華やかですから、部屋の中が明るい感じになります。
切花にして楽しんでみてください。

f:id:arb_takahashi:20170523022402j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

アストロメリアとアルストロメリア科の名前があって、
舌が回らないような名前。間違いやすいですね。

日本に昭和初期に入って来たにしては、なかなか見られなかった花。
1990年代頃から、時々見かけるようになったが、一般的でなかった。
花の色が独特で、花びらに斑点が入ってる、不思議な花。

花の贈り物をするときは、アストロメリアを選んでみては、
いかがでしょうか。
華やかなアストロメリアを受け取った人は、喜ぶと思います。
誕生花だからと言って、誕生日に贈る花は、誕生花に決めなくても、
贈りての好きな花や、受け取る人の好きな花を選びましょう。

今日の誕生花「ケシ」アヘンやモルヒネ、栽培禁止!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

5月22日 誕生日、今日の誕生花「ケシ」栽培禁止!

f:id:arb_takahashi:20170522035243j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170522035323j:plain

今日のバースデーフラワー【ケシ】

栽培禁止のケシを見ることが不可能です。
東京都薬草園に、厳重な鉄骨に囲まれて栽培されてます。
数種類のケシの花が咲いてます。栽培禁止と言われない限り、
園芸品種のケシと似ていて、見分けがつきません。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 
  • 特色 麻薬、モルヒネ
  • 科  ケシ科
  • 原産 トルコ、インド
  • 花期 5月

f:id:arb_takahashi:20170522035457j:plain

ケシは、室町時代南蛮貿易によって、
ケシの種がインドから津軽地方に入ってきたのが、
最初と言われています。また、栽培植物として歴史が古く、
紀元前5000年頃と考えられる。
メソポタミア文明からエジプトを経て、ギリシャに、
そしてローマ帝国を経て、ヨーロッパ全土に広まり、
大航海時代を経て、アヘン原料として世界各地に広まった。
特にイギリスは植民地であったインドで、大々的な栽培を行い、
アヘンを支那へ輸出し、莫大な利益をあげた。

日本は、明治の中頃、大阪府三島郡で大規模生産に乗り出し、
品種改良したモルヒネ含有量が、既存種の数倍に達する、
優良品種を作り出し、アヘン年間生産量は15トンに達し、
全国生産額の50%は和歌山県有田郡で、40%が大阪府三島郡が、
占めるようになっていた。

また、日本は台湾統治開始後、台湾においてアヘンの製造と消費が、
一大産業と知り、台湾のケシ栽培を、課税対象を厳格化して、
40年かけ台湾のケシ生産を消滅させた。
その後、満洲などでアヘンの生産を大々的に拡大して、
台湾への輸出・販売を台湾総督府の専売制とし、
莫大な利益を得て、戦費調達をしていた。

終戦後の1946年、GHQがケシ栽培を禁止し、国内生産は途絶えた。
1954年「あへん法」「麻薬及び向精神薬取締法」により、
禁止されたが、翌1955年から栽培が再開された。
戦前のような、大規模栽培は復活することなく、
他国に比較して非常に厳しい法律で、管理された施設しかない。

それでも、平成22年5月に、平成23年5月に一般園芸店を通じて、
ケシの種が流通したそうです。もちろん焼却。


トルコ種             インド種


アヘン              ハカマオニゲシ


アツミゲシ            ボタンゲシ

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ケシは移植することが出来ないから、種を直にまかなければ、
ならないそうです。
ケシやアツミゲシ(渥美半島帰化)によく似たケシを、
植えてもよいケシは、ヒナゲシナガミヒナゲシ、 モンツキヒナゲシアイスランドポピーオニゲシ(オリエンタルポピー)

花びらが落ちた後の未熟果に、傷をつけると乳液が出て、
アヘンが穫れ、精製してモルヒネやヘロインが出来る。
ヘロインは麻薬に指定されているが、
モルヒネは医学薬学に重要である。不思議な世界だ。
もっと大量に生産すれば、医療費が安くなる。

アツミゲシはアフリカ原産。1960年代に渥美半島で、
初めて帰化が確認され命名された。
ハカマオニゲシペルシャ原産。花びらの下にハカマとよばれる、
葉っぱがついて、花は深紅で、花びらの元に黒い斑点がある。
オニゲシ(オリエンタルポピー)によく似ているが、オニゲシには、
深紅の花の種類がない点で区別できる。

「あへん法」では、種子は取り締りの対象から外されている。
所持していても、法的に問題ないが、発芽させると法に触れる。
種子は煎る(いる)と香ばしく、あんパンやケーキに振り掛けたり、
七味唐辛子に混ぜるなどして、使われてるそうです。

今日の誕生花「タツナミソウ」波のデザインにそっくり!

5月21日 誕生日、今日の誕生花「タツナミソウ」

f:id:arb_takahashi:20170521025228j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170521025319j:plain

今日のバースデーフラワー【タツナミソウ】
タツナミソウは、同じ方向に向いて、花を咲かせます。
その姿が、波の波頭のデザイン(北斎)に、似ているから、
名前が付いたようです。背丈が小さく、花が上向きに咲いています。
観察してみてください。逆光で見るのが、一番綺麗だと思います。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 
  • 特色 
  • 科  シソ科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 5~6月

f:id:arb_takahashi:20170521025422j:plain

タツナミソウは、世界中に分布していて約200種ある。
日本には16種があり、最も多く見られるタツナミソウは、
北海道を除く地域に自生しています。
また、多くの変種があり、種の種わけが困難な植物だそうです。

園芸的に栽培されてるのは、タツナミソウの変種のコバノタツナミで、 福島県以南の本州、四国、九州などに分布しています。
花色は紫、白、ピンクがありますが、一般的には紫が多いです。
他にも葉裏が紫の、シソバタツナミなどの品種が流通している。

f:id:arb_takahashi:20170521025506j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

タツナミソウの花は、ラショウモンカズラと似ています。
ラショウモンカズラより小さな花ですが、
花が同じ方向に咲いてて、上向きに咲いてますから、
間違うことはないと思います。

ネーミングがそっくりですね。上手な表現です。
タツナミソウを見つけたら、なるほど似てると思うでしょう。

自生してるタツナミソウは、野山にいけば、群生が見られると思います。 根から、こぼれタネから繁殖しますから、ひとつ見つけたら、
あたりを見回せば、群生が見つかると思います。

今日の誕生花「ジキタリス=キツネノテブクロ」花の色が豊富!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

5月20日 誕生日、今日の誕生花「ジキタリス=キツネノテブクロ」
全草毒草、食べないで!

f:id:arb_takahashi:20170518232426j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170518232514j:plain

今日のバースデーフラワー【>ジキタリス=キツネノテブクロ】

ジキタリスは、全草毒草です。薬草として入ってきましたが、
現在は観賞用になってます。危険ですから自分で薬用など、
しないでください。色が豊富ですから、見るだけにしてください。
また、寒さに強いが、暑さに弱いのが特徴です。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 キツネノテブクロ
  • 特色 全草毒草
  • 科  ゴマノハグサ科
  • 原産 ヨーロッパ
  • 花期 5~6月

ジキタリス=キツネノテブクロは、二年草ですが、
非常に繁殖力が強く、こぼれ種から生えてくる多年草です。

欧米から日本に薬草として入って来ましたが、
現在は薬草よりも、鑑賞用の花として庭などに植えられています。 
花色は白、ピンク、薄紫色など豊富で、長く伸ばした花茎に、
釣鐘型の花を穂状(すいじょう)(植物の穂)に咲かせます。

花の形や花色も独特な魅力がありますが、
花の内側の斑点が、特徴的な模様になって、魅力を増します。
花の内側を見る楽しさも覚えてください。

イングリッシュガーデンに行くと、必ずある花です。
イギリスは寒いから、気候に合っていると思われます。
背丈が高くなりますから、花壇などの配置は、
後ろの方が良さそうです。

f:id:arb_takahashi:20170518232623j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ジキタリス=キツネノテブクロは、植えてる人も多いでしょうが、
植物園なら必ずみられます。
キツネノテブクロなんて、面白い名前がついていますね。
言われて見れば、そうかなと思います。

植物には、トリカブト、ドクゼリ、ドクウツギの、
日本三大毒草と言われていますが、他にも死に至る植物が沢山あります。 非常に危険ですから、食べたり薬用にしたりは絶対にしないでください。 そのためにも、毒草の植物を覚えてください。

また野草を食べる会などを真似しないように、
指導者の指示に従って知識を覚えてください。
身近な例では、スイセンとニラを間違えて体調をくずします。

今日の誕生花「トウオガタマ=カラタネオガタマ」甘いバナナの香り!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

5月19日 誕生日、今日の誕生花「「トウオガタマ=カラタネオガタマ

f:id:arb_takahashi:20170518222355j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170518222437j:plain

今日のバースデーフラワー【カラタネオガタマ=トウオガタマ】

カラタネオガタマはトウオガタマ、オガタマと呼ばれて、
唐(トウ、カラ)の時代に、日本に入ってきたのでしょう。
バナナの甘い香りがする香木です。神社仏閣に植えられてるのを、
よく見ます。花が咲く時期に、木の下に行ってみてください。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 トウオガタマ
  • 特色 バナナの香り
  • 花期 5~6月
  • 原産 中国
  • 科  モクレン

「トウオガタマ=カラタネオガタマは、
江戸時代中頃に中国から入って来た、常緑の5メートル以上になる木で、 日本に自生するモクレン科では、唯一の常緑樹です。

日本原産のオガタマノキもあります。
日本原産のオガタマノキは、香りが強くないそうです。
日本原産のオガタマノキが植えられてる神社は、
道明寺天満宮枚岡神社杭全神社布忍神社

大阪で見られるそうです。

カラタネオガタマは、植物園で見られます。
神代植物園で初めて見ました。
その後、知人の川崎のお寺にもありました。
花が咲く時期、神社やお寺に行ってみると、
甘いバナナの香りで、気が付くかもしれません。
岡山市半田山植物園カラタネオガタマは,紅色の花があるそうです。
紅花の品種は特に珍しいです。

f:id:arb_takahashi:20170518222717j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

オガタマノキは、天照大神の天岩戸にお隠れになった時、
天岩戸の前で舞った天鈿女命(アメノウズメノミコト)が、
手にしていたとされた神楽鈴(かぐらすず)(巫女鈴)が、
オガタマノキの鈴なりの実に似ているそうです。

オガタマノキは、天にまっすぐ伸びる姿から、
一円玉の木のデザインに似ていると言われています。
神楽鈴は「鈴なり」(豊作)、一円玉の円は「丸くおさまる」
(円満)につながるそうです。

宮崎県高千穂町が、町のシンボルの木となっています。
招霊(おがたま)の木
興味深い話です。今度高千穂に行ったら、観察してきます。