私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「トサミズキ」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

3月26日 誕生日、今日の誕生花「トサミズキ」

f:id:arb_takahashi:20170326064814j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日であり、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170326064919j:plain

今日のバースデーフラワー「トサミズキ」

トサミズキは、ミズキという名前から、
ミズキ科と思うが、マンサク科です。
わかりづらいですね。萌木(もえぎ)色の花を咲かせます。
現在は萌黄色と書くようです。新緑の芽が出た色です。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 
  • 特色 
  • 科  マンサク科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 3月~4月

トサミズキは江戸時代から、庭木、盆栽、切り花として親しまれてきました。
高知(土佐)の蛇紋岩地(じゃもんがん)に野生のものが、
多く見られ名前がついてます。
蛇紋岩は各地で見られますが、土佐だけというのも不思議です。
海外へは1864年にイギリスに渡り、ヨーロッパで広まった。

その他に、ヒュウガミズキ、シナミズキ、キリシマミズキなどあります。
花と花色は似てます。
ヒュウガミズキは日向(宮崎県)には分布せず、
近畿地方北部、福井県岐阜県、石川県などの、
日本海側に自生します。明智日向守光秀の所領に、
植えてあったから増えたのかもしれません。
ヒュウガミズキは明治以降に園芸化され、
トサミズキよりも広く栽培されるようになった。
トサミズキとヒュウガミズキは、おしべの色で区別できます。

キリシマミズキは霧島山系だけに自生します。
えびの高原付近でも見られます。
花期は4月半ば頃に最盛期となります。

f:id:arb_takahashi:20170326065122j:plain
キリシマミズキ

f:id:arb_takahashi:20170326070007j:plain
ヒュウガミズキ

f:id:arb_takahashi:20170326070615j:plain
シナミズキ

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

トサミズキ、ヒュウガミズキ、シナミズキ、キリシマミズキなど、
地名に自生してる日本固有種。
花ひとつは地味ですが、満開になれば目立ち香りも漂ってきます。

小石川植物園に行くと、
各種のミズキがまとまって植えられています。
見比べるには、いい場所ではないでしょうか。
また、他の植物園などで探してみてください。

茶花として使うには、雰囲気がありますが、
庭木としては物足りないと思います。