読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ミヤコワスレ」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

4月6日 誕生日、今日の誕生花「ミヤコワスレ

f:id:arb_takahashi:20170406072822j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170406072914j:plain

今日のバースデーフラワー「ミヤコワスレ

ミヤコワスレは、紫から濃紺の色が普及してるが、
ピンク、白もありますが、切花は濃紺しか売られてない。
一度、花の名前を覚えると、忘れそうもない花です。
キクの小型化した、かわいい花です。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 ミヤマヨメナ
  • 特色 
  • 科  キク科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 4~6月

ミヤコワスレは、江戸時代からミヤマヨメナを改良されてきた園芸種。
ミヤマヨメナは、白から淡青色の自生する日本固有種の野菊。
どこでも見られるかと言うと、詳しい人でない限り見つけづらい。
日光植物園や筑波実験植物園にあります。
似たような花で、変種シュンジュギクもありますが、なお見つけづらい。

江戸時代の文化2年(1805)にミヤマヨメナは、
ほとんど白色系だが、青色が強く出てる花を品種改良して、
茶花や庭の草花として楽しんできたそうです。

ミヤコワスレの名前の由来は、鎌倉時代承久の乱に破れた順徳天皇が、
北条家によって佐渡島に流され、野菊を見て、しばしの間、
都恋しさを忘れられる想いで名前が付いたそうです。
しかし、ミヤコワスレ鎌倉時代以降の江戸時代に出来た園芸種。
ミヤマヨメナか他の野菊を見てたのでしょう。

f:id:arb_takahashi:20170406073016j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ミヤコワスレの花の名前。ちょっとしたエピソードですが、
実際、順徳天皇が見た花は、野菊だと思います。
特にキク科は種類が多く、見てもわからない花が多いです。

園芸品種で売られているミヤコワスレは、すぐわかりますが、
ミヤコワスレの原種ミヤマヨメナは、わかるかというと難しいです。
静岡県や四国に行くと見られるそうですが、
自生してるミヤマヨメナを探すとなると、知識が必要です。

鉢植えでも、地植えでも、楽しめる花です。
一輪を切花として部屋に飾るのも趣があります。