読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「アマチャ」「お釈迦様誕生」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

4月8日 誕生日「お釈迦様誕生」、今日の誕生花「アマチャ」

f:id:arb_takahashi:20170408020947j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170408021043j:plain

今日のバースデーフラワー【アマチャ】

アマチャはアジサイの仲間から見つけたそうです。
江戸時代の人が、どうして見つけたか不思議です。
最初は薬として利用して、現在は甘いお茶として利用してる。
お釈迦さまの花祭りにかかせない聖水です。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 
  • 特色 甘茶
  • 科  ユキノシタ
  • 原産 日本固有種
  • 花期 5~6月

今日は釈迦の誕生を祝う仏教行事、灌仏会(かんぶつえ)。
別名、花祭り花会式(はなえしき)、龍華会(りゅうげえ)、
降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)とある。
花祭り」にお参りする時、柄杓でくんだ甘茶を釈迦像の頭上から注ぎます。
お釈迦様を祝うだけでなく、一人ひとりが、
かけがえのない命で生きてることを、自覚する日でもある。

アマチャは、日本の中部山地に自生してるが、
現在は長野県佐久地方、静岡県西伊豆で栽培されている。
ヤマアジサイの甘味変種で、江戸時代から民間薬として、
利用され始めたそうです。
花を見てもアマチャか、ガクアジサイか、わかりません。

夏に葉を採取し、水洗い後、約2日間天日干しに水を噴霧し、
むしろをかぶせて1日発酵後、手で葉をよく揉んで、乾燥させて仕上る。
アマチャの甘味は、砂糖の約1,000倍。
砂糖が普及するまでは、甘味料として利用されていたそうです。

f:id:arb_takahashi:20170408021148j:plain

f:id:arb_takahashi:20170408021228j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

アマチャは、甘いお茶です。
西伊豆の夕日が素晴らしい大田子に行くと、
展望台のある場所で、夕日が沈むまでの待ち時間に、
無料で飲ませてくれます。嬉しかったです。

「おしゃか」「おしゃかにしてしまった」と日常使いませんか。
「使い物にならなくなった」と言う意味を「お釈迦になる」
意味もわからず、いままで使ってました。

阿弥陀仏を作るつもりが、間違えてお釈迦さんを作ってしまったそうです。
阿弥陀仏としては、使い物にならなくなったので「お釈迦になる」
諸説あるようですが、「お陀仏」の対称語が正解のようです。
金物を炙りすぎて失敗「火が強かった = しがつよかった」、
「四月八日だ = しがつようかだ」だと洒落が出ています。

f:id:arb_takahashi:20170408021328j:plain