読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「アーモンド」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

4月16日 誕生日、今日の誕生花「アーモンド」

f:id:arb_takahashi:20170410065209j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170410065248j:plain

今日のバースデーフラワー「アーモンド」

アーモンドの花は、モモの花とそっくりです。
サクラの花と似てるというが、花びらが似ていません。
スモモは花色が違います。アンズに近い花ですが大きさが違う。
アーモンドとモモの花を比較しても、わからないほど似てます。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 ヘントウ
  • 特色 実が食用
  • 科  バラ科
  • 原産 アジア西南部
  • 花期 3~4月

アーモンドは、モモの花とそっくりで、
きれいなピンクの花を咲かせます。
一般的には咲いてないから、見ることが少ないでしょう。
最近は苗木を売り出してるから、沢山見られるようになります。

アーモンドの実は5cm位の梅を大きくしたような実で、
皮、果肉(果肉は薄く食用にならない)、核、仁(生アーモンド)
からなり、7月下旬頃、緑の果肉が割れ始めた時に、
すぐに木から取って、果肉を取り、約1週間陰干ししてください。
その状態で、来年に種(3月頃植える)として使えます。
さらに殻を割ると、中の実が仁(アーモンド)です。

2008年にアメリカ・カリフォルニア・アーモンド協会が、
1月23日をアーモンドの日に制定しました。
一日あたり約20粒摂取すると体に良いとして、1日に2~3粒、
また、1、2、3粒と数えて、覚えてもらいやすいようにです。

f:id:arb_takahashi:20170410065426j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

アーモンドは、現在では南ヨーロッパ、アメリカ合衆国、オーストラリア
などで栽培され、カリフォルニア州が最大の産地。
日本では小豆島などで栽培されている。

食品の中でもビタミンEが最も多く(含有100g中約30mmg)
含まれている。活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、
老化の予防やAGEsの排出に役立つ。悪玉コレステロールの酸化を抑制し、
過酸化脂質の生成を防ぎ、心臓病や糖尿病の予防に役立つ。
他に亜鉛マグネシウムカリウム、鉄などを多く含んでいる。

血管のつまりなどを除去してくれる優れものです。