読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「マユミ」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

4月23日 誕生日、今日の誕生花「マユミ」

f:id:arb_takahashi:20170423094535j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170423094619j:plain

マユミは、なんとなく好きな言葉で親しみを感じる。
女性の名前も多いですね。その言葉に惹かれても、
最初は、どんな花かも知らなかった。九州の植物園で買って、
車に載せたのが最初。しかし、毎年、花が咲くが実がならなかった。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 ヤマニシキギ
  • 特色 秋の実がきれい、種子は有毒
  • 科  ニシキギ
  • 原産 日本固有種
  • 花期 5~6月

マユミは地味で葉っぱと同色で、小さいのであまり目立ちません。
花後に1cmほどの果実が付くそうですが、見たことがありません。
また、市販のマユミは、雌木しか出回っていないが、
雌木1本で果実がなるそうです。
雌雄異株(しゆういしゅ)で、果実は雌株にしかなりません。

ニシキギも同じような花だが、果実が実らない。
きっと雄の木だったのかもしれない。
実が熟すと紅ピンク色で、4つに割れて中からツヤのある、
赤いタネが顔を覗かせ、秋の紅葉とマッチしてきれいです。

ニシキギとマユミの違いは葉っぱにあります。
ニシキギは枝にそってカミソリの刃のような葉っぱがついてます。
また、市販で売られてるマユミは、コマユミかもしれない。
違いがよくわかりません。

f:id:arb_takahashi:20170423094728j:plain

f:id:arb_takahashi:20170423094754j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

マユミは、しなりの強度で弓の材料として古くから使われきて、
そこから命名になったとか。
今は、将棋のコマなどに使われてるそうです。

鉢植えでは大きくならないが、地植えにすると大きくなる。
成長の早い木で、香木でもなく、花もあるかないかの木ですが、
秋の赤い実が興味をそそられます。

マユミさんの女性の名前に惹かれます。
真弓、真由美、真弓美、真由実、真結美、まゆみ、などなど。