読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「クサノオウ」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

4月25日 誕生日、今日の誕生花「クサノオウ」

f:id:arb_takahashi:20170425094045j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170425094141j:plain

クサノオウは全国いたるところで見られます。
黄色の花をつけてて、雑草の中に、わりと目につきます。
花期も長く、いつでも咲いてます。
ただ一般的に名前を知らないだけです。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 
  • 特色 全草毒草
  • 花期 4~9月
  • 原産 東アジア
  • 科  ケシ科

クサノオウを漢字で書くと「瘡(クサ)の王」
難しい漢字ですね。読むのも書くのも出来ない。

クサノオウは、全草毒草ですが、薬にもなる野草。
その為、各地では、イボクサ(疣草)、タムシグサ(田虫草)、
ヒゼングサ(皮癬草)、チドメグサ(血止草)などと、
言われてきました。

珍しくて、つい触りそうになりますが、やめたほうがいいです。
皮膚の弱い人は、近づくだけでカブレます。
草刈すると黄色の汁が出てきます。
黄色い汁が出てくる植物は珍しいです。
黄色い汁に、さわってもカブレます。

f:id:arb_takahashi:20170425094344j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

クサノオウを最初、草の王と勘違い。
名前から見ると、立派な花だと思ってた。
しかし間違いでもなさそうです。
薬草の王様という意味で「草の王」。
その他に、黄色の乳液を流すので「草の黄」

クサノオウは野草です。増えて増えて仕方ない。
根っこから引き抜いて、庭の掃除。
葉っぱでも茎でも折ると黄色の汁。
ちょっと不気味です。こんなの口にしないでしょう。

毒草を有益な薬草にして使うとは驚きです。
最初の人が使った感覚が凄いです。
自分で人体実験したのでしょう。