読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「コンロンカ」

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

4月26日 誕生日、今日の誕生花「コンロンカ」

f:id:arb_takahashi:20170426035113j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170426035146j:plain

ハンカチノ木、売ってたから買ってきたと言う。
見ると違う、コンロンカなんですね。
園芸店ではハンカチノキとして売られていました。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 
  • 特色 萼の色が変化する
  • 科  アカネ科
  • 原産 熱帯アジア 熱帯アフリカ
  • 花期 6~8月

コンロンカは、熱帯アジア、アフリカ、太平洋諸島に、
約200種類が分布する常緑性の低木です。
花は派手な萼(がく)片に、あまり目立たない小さな黄色の花が、
いくつか付いて咲きます。他にも色は白、オレンジなどがあります。

寒さに弱いので、日本では温室植物として扱われています。
コンロンカの仲間には、アフリカ原産のハンカチの花
(サマーポインセチア)やフィリピン原産のフィリピカが、
出回っています。フィリピカはピンクのがく片が多く、
派手な印象です。
白い萼片が一番多いと思います。他は、あまり見ません。

f:id:arb_takahashi:20170426035313j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

コンロンカを最初に見た時は、花が咲いていません。
白い萼片だけでした。
伊豆の熱帯植物園で、初めて見て、かわいらしい黄色の花が、
咲いてるのに気がつきました。

もらったコンロンカも、どこかに消えてしまった。
多分、枯らしてしまったのでしょう。
萼片が変わるのに、雑草のハンゲショウがあります。
萼片だけが変わる不思議な植物です。