今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「カルミア」金平糖のようなつぼみの花!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

4月28日 誕生日、今日の誕生花「カルミア
ツツジの仲間ですが小柄な可愛い花!

f:id:arb_takahashi:20170428051217j:plain

カルミアは、戦後普及したというが、見なかった。
初めて見たのは、イギリスのガーデン。種類も沢山ありました。
日本では、2000年ころから庭木で見るようになった。
つぼみは、コンペイトウみたいで、かわいいです。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

4月28日 誕生日
バースデーフラワー【カルミア

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170428051303j:plain

f:id:arb_takahashi:20170723214804j:plain

今日のバースデーフラワー【カルミア

カルミアとは】

カルミアは、北アメリカからキューバにかけて約7種が分布する。
日本に入って来たのは大正4年ですが、
本格的に普及したのは戦後になってから。

カルミアの名前は、18世紀のスウェーデンの植物学者、
ペール・カルム(Pehr Kalm)の名前から命名された。

アメリカシャクナゲの別名がありますが、シャクナゲの仲間ではなく、 ツツジの仲間です。
葉にはアンドロメドトキシンという有毒成分が含まれます。
五角形の幾何学的な形がかわいくて、花に模様が入るものも多く、
バラエティーに富んだ花です。
いろいろ楽しめる花だと思ってます。

f:id:arb_takahashi:20170428051400j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

カルミアの花は小さく、近くに寄らないと良さがわかりません。
満開時は、木に一面に咲くから楽しめます。
そうは言っても、庭木で見られるのは、まだまだ少ないです。

特に気に入ってるのが赤というかピンク。
つぼみは、見ていても飽きが来ません。
ツツジ位の大きさですから、真上から見られます。
どこかで出会ったら、楽しんで見てください。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。