今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「バラ」いろいろな品種と豊富な色で花の女王!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

5月4日 誕生日、今日の誕生花「バラ」
夢の青いバラはありません!

f:id:arb_takahashi:20170504084332j:plain

日本はバラの原種の自生地として、世界的に知られている。
人気のあるバラが、日本のバラから、たくさんの品種改良が、
行われて世界中に広まってる。素晴らしいですね。
バラを見る目も変わってくるくのではないでしょうか。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

5月4日 誕生日
バースデーフラワー【バラ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170504084428j:plain

  • 別名 
  • 特色 香水の原料
  • 科  バラ科
  • 原産 日本固有種、ヨーロッパ、中近東、北アメリカ、中国
  • 花期 5月、10月

【バラとは】

バラは、北半球の温帯域に広く自生していて約120種。
日本をのぞいて、チベット周辺、中国の雲南省ミャンマー
にかけてが原産地。ここから中近東、ヨーロッパ、
北アメリカへと渡って行き、南半球にはバラは自生していない。

バラのわけ方としては、
オールドローズ とモダンローズ に分けられている。
オールドローズ は、1867年に発表された「ラ・フランス」より、
以前の品種をいう。主な系列として、ガリカ、ダマスク、アルバ、
ケンティフォリア(センティフォリア)などがある。
優雅な花形に、豊かな香りが特徴で、一季咲きの品種が多い。

モダンローズは、「ラ・フランス」以降のハイブリッド・ティー系、
フロリバンダ系など。現在一般的に見られる四季咲き性や、
華やかな花形と色彩が特徴である。

園芸品種は、以下の原種8種を交配させ、生まれたものである。
ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)(Rosa mulitiflora)
ロサ・ウィクライアナ(テリハノイバラ)(Rosa wichuraiana)
ロサ・モスカータ(Rosa moschata)
ロサ・キネンシス(コウシンバラ)(Rosa chinensis)
ロサ・ギガンティア(Rosa gigantea)
サ・ガリカ(Rosa gallica)
ロサ・ダマスケナ(ダマスクローズ)(Rosa damascena)
ロサ・フェティダ(Rosa foetida)
「花の女王」バラは、原種8種から沢山の品種が生まれたのですね。

f:id:arb_takahashi:20170504084648j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

「薔薇」の漢字が難しくて書けません。カタカナがあって助かる。
バラが「花の女王」として、愛好されるようになるのは明治以降。

日本の原種には、イザヨイバラ、サンショウバラ(箱根バラ)、
タカネイバラ、ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナス
サクライバラ、モリイバラ、フジイバラなどがあります。

バラは品種が多いから名前が、覚えられません。
イングリッシュガーデンにも、ローズガーデンがあります。
咲いてる時期に南で咲いてても、北に行くと咲いてません。
1回の渡航では、無理があります。

日本にバラの地名があります。常陸国には故事に茨城(うばらき)
という地名があり、茨城県の県名の由来ともなっています。
バラは花の女王、もっと宣伝したほうがいいですね。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。