私の誕生花!今日の誕生花!今月の誕生花!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ネジバナ=モジズリ」モジズリは心に秘めた男の片思い!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!

6月10日 誕生日、今日の誕生花「ネジバナ=モジズリ」あなたが美人すぎるのが悪いんです!

f:id:arb_takahashi:20170610041612j:plain

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい楽しい1日、感動が味わえるよう幸運を祈ってます。

f:id:arb_takahashi:20170610041703j:plain

今日のバースデーフラワー【ネジバナ=モジズリ】

ネジバナ=モジズリは、茎がねじれて回転してるからネジバナ
ラン科の小ぶりのかわいい花で、ラン科としては珍しいです。
絶滅危惧種ですが、芝生や山野の明るい所に生えてます。
回転はらせん階段のように右巻き、左巻きがあり同じ比率だそうです。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

  • 別名 モジズリ
  • 特色 
  • 科  ラン科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 5~7月

f:id:arb_takahashi:20170610041809j:plain

ネジバナ=モジズリは、日本を含む東アジアに広く分布しています。
世界に100種以上が、北はウラル山脈、南はタスマニア島まで、
広く分布してるそうです。

群生状態で自生していることが多いですが、
小さな花ですから目立ちません。咲いている姿がユニークで、
ピンクと白のツートンカラーのねじれてる花を、
1本見つけると周りにもあります。
学名(属名)のスピランテスも「らせんの花」という意味です。

シロバナモジズリは、アメリカ原産で園芸種として出回ってます。
ナンゴクネジバナは、伊豆諸島と奄美大島以南に分布する変種です。
子房に毛がなく3~4月頃に、開花するのが特徴です。

なぜねじれるのでしょうね。
花がみな一方向に向くと、花の重みで茎が傾くので、
花が自然防御に、ねじれるように花をつけていくそうです。
それなら、ほかの花にもありそうですが、
見たことがありません。

f:id:arb_takahashi:20170610042007j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ネジバナ=モジズリのモジズリ(捩摺)は「しのぶもじずり」で、
福島県の信夫地方か忍草かの百人一首の歌です。
陸奥(みちのく)の しのぶもじずり 誰(たれ)ゆゑに 乱れそめにし われならなくに」河原左大臣(14番)

乱れる私の心。いったい誰のせいでしょう。私のせいではないのに。
あなたが美人すぎるせいですよという、心に秘めた片思い。

「忍ぶ恋」を詠んだ歌で、この歌が作られた平安時代の恋の歌は、
恋しても、かなうはずのない高貴な人や、他人の妻への慕情に、
心を乱す男が歌った歌です。

「しのぶもじずり」は、陸奥で織られるた着物が、
摺り衣(すりごろも)(白地に山藍や草木などの汁で、
文様を摺り染めた衣服)で、「しのぶずり」の染物になってます。
「しのぶ」は地名かしのぶ草かは、わかりません。
「しのぶずり」という技法が現代まで続いておらず、
染物の写真や、作業の様子が、わかるものはないそうです。

また、らせん階段のような回転のネジバナを、
右巻き、左巻きを各100本植えて、同じかどうか実験したそうです。
翌年、全部バラバラに生えてきたそうです。
遺伝子はないようですね。
不思議な生体の植物だと思います。
実験できれば、確かめて見てください。