今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ヤマユリ」品種改良したカサブランカの親です!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

7月15日 誕生日、今日の誕生花「ヤマユリ
咲いてる姿、香りのよいユリの花!

f:id:arb_takahashi:20170715074217j:plain

ヤマユリは、日本固有種で「ユリの王様」と言われていますが、
威風堂々とした姿は、日本の花の王様と思います。
日本はユリの宝庫です。ヨーロッパに渡って品種改良。
逆輸入になってきています。日本固有種を絶滅させないように。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

7月15日 誕生日
バースデーフラワー【ヤマユリ

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170715074321j:plain

  • 別名 
  • 特色 
  • 科  ユリ科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 7~8月

f:id:arb_takahashi:20170715074431j:plain

ヤマユリとは】

人気のカサブランカを、見ているとヤマユリの面影があります。
ヤマユリを初め、ササユリ、サクユリ、オトメユリ、カノコユリなど、 江戸時代にヨーロッパの人たちが、持ち帰り品種改良した園芸種が、たくさん出回っています。

また、1873年ウィーン万博で、いろいろなユリが出品され、
ヨーロッパでヤマユリが、香りと大輪が、注目を浴びるようになり、
ユリの球根が大正時代まで、主要な輸出品になっていました。

日本固有種のヤマユリは、近畿地方以北と言われていますが、
四国でも九州でも見かけます。山地に生えているから、
名前がヤマユリと付いています。

各地の植物園や公園でも見られますが、たくさん咲いてるのは、
「国営武蔵丘陵森林公園」です。
伊豆諸島に分布してるヤマユリの変種に、サクユリがあります。
野生種のユリでは、最大の花を咲かせます。

ヤマユリの豪華で優美な姿と、香りを楽しんで見ませんか。

f:id:arb_takahashi:20170715074529j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ヤマユリに限らず、ユリが減少しています。
イノシシが、ユリ根をみんな食べちゃいます。
イノシシが増えたのか、人間による乱開発が増えて、
住む場所が制限されてきたからか、よくわかりません。

子供の頃、植えてましたが、親が植え替えると、
花の数が減ると言われ、植えっぱなしでした。
カサブランカは鉢植えでしたが、毎年10個近く咲いていました。

ヤマユリの自生が、なかなか見られなくなりました。
ユリは根で増えると思ってましたが、種からも増えるんですね。
実ができた中には、沢山の種があります。
実が割れて、風が種を運ぶから、1本見つけると、
まわりにたくさん見つかります。
それでも沢山のタネから見たら少ないです。
生存が厳しいようです。

庭植えや畑の隅など植えられてるとホッとします。

花屋さんで売られてるユリは、花粉が衣類に着くと落ないので、
雄しべを、みな摘み取って売られています。
ちょっとガッカリします。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。