今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「イワカガミ」可愛らしいピンクの高山植物の花!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

7月25日 誕生日、今日の誕生花「イワカガミ」
群生はピンクの絨毯になる花!

f:id:arb_takahashi:20170725005150j:plain

イワカガミには、コイワカガミ、オオイワカガミと、
ヒメイワカガミ、ヤマイワカガミがあり、区別がわかりずらい花です。
可愛らしい花ですが、一般的に、すべてイワカガミとして、
楽しんだほうが、良さそうです。見つけると嬉しいです。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

7月25日 誕生日
バースデーフラワー【イワカガミ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170725005235j:plain

     
  • 別名 
  • 特色 
  • 科  イワウメ科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 6~7月

f:id:arb_takahashi:20170725005516j:plain

【イワカガミとは】

イワカガミは、高山植物の可愛らしい花です。
イワカガミ、コイワカガミ、オオイワカガミと、
花びらの鋸歯の少ないヒメイワカガミ、ヤマイワカガミ、
の2つに見分け方がありますが、前者の3つの区別など、
ほとんどわかりません。

前者と後者では、咲いてる環境が違うようです。
しかし、詳しい人でないと、わからないでしょう。
一般的には、花の姿を見て、単純にイワカガミだ、
と喜んだほうが楽しいと思います。

イワカガミが、高山や日本海側に多自生しく、その仲間の、
ヤマイワカガミは、本州中部の太平洋側の山地に分布する。
ヒメイワカガミは、太平洋側に多く自生してる。
変種のナンカイイワカガミは、東海地方から和歌山県に分布する。
また
イワカガミ類には、イワウメ科イワウチワ属に、
トクワカソウ、イワウチワがあります。
トクワカソウ、イワウチワとイワカガミは、
花びらの鋸歯が似ていますが、花の形が違うから、
区別が付きます。

わからないのは、トクワカソウとイワウチワです。
そっくりです。2種類とも広義では、イワウチワと言うそうです。
イワウチワの分布は、宮城県〜東京都の太平洋側の山地。
トクワカソウの分布は、北陸〜近畿地方
オオイワウチワの分布は、秋田県新潟県日本海側の山地。
わからない場合は、葉っぱの形や大きさで判別するか、
地域で判断するしかなさそうです。

白花のイワカガミみあるそうですが、まだ見たことがありません。

f:id:arb_takahashi:20170725005350j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

まだ高山植物を、ほとんど知らない10代に、
イワカガミとコマクサを覚えて、3000メートル級の、
山に登って見つけると、嬉しくなります。

そこから高山植物を、一つ一つ覚えて、
現地で見つける、楽しさに変わります。
花の名前を覚えて、実物の花を見る、楽しい世界です。
そして写真を写していきます。

3000メートル級の山に、大型カメラも持っていきます。
もうリュックは、鉄の塊を持ち運んでる状態です。
今はプラスチックで、デジタルだから軽いし簡単だし、
そういう時代になって、今度は足がついていきません。

ゆっくりとした、ロープウエーを使った、
時間をかけた撮影旅行に、切り替えたいと思ってます。

若い時代は、なんでも挑戦することが、大事だと思ってます。
是非、いろいろな事に挑戦してください。
新しい世界が生まれます。視野も広くなります。
いろいろな経験が、きっと素晴らしい生き方に変わるでしょう。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。