今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ハマナス」1970年森繁久彌の知床叙情で人気になった花!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

8月4日 誕生日、今日の誕生花「ハマナス
バラの品種改良の親株で、バラの名前にルゴサが付いてます!

f:id:arb_takahashi:20170804175138j:plain

ハマナスは、北海道海岸に行かないと、見られない花です。
昔なら北海道旅行は、なかなか行かれない、憧れの場所です。
東京から夜行鈍行で、2日以上かかります。
北海道や九州に帰省するお盆やお正月は、大変な時代でした。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

8月4日 誕生日
バースデーフラワー【ハナマメ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170804175234j:plain

  • 別名 
  • 特色 
  • 科  バラ科
  • 原産 日本固有種
  • 花期 5~8月

f:id:arb_takahashi:20170804175331j:plain

ハマナスとは】

ハマナスは、北海道から太平洋側は茨城県
日本海側は鳥取県島根県に分布していますが、
本州では、あまり見かけません。
海外では、サハリン、カムチャツカ半島まで分布しています。

北海道オホーツク海沿岸に、大規模な群落があります。
日本海側は、鳥取県に2ヶ所、島根県大田市に群落があります。
鳥取県大山町下市川河口のハマナスは、1922年(大正11)
に、国の天然記念物の分布南限地として、指定されました。

ハマナスは、植物生物学上、極めて貴重なもので、
氷河時代に寒冷地より南下し、鳥取県に根づいたそうです。
また、ハマナス自生南限地帯として、1983年(昭和58)
に、国指定の天然記念物に、指定されています。

毎年初夏になると、芳香のある一重でピンク色の花を咲かせ、
海岸へ訪れた人々の目を、楽しませてくれます。

ハマナスの名前の由来は、秋に赤く熟した果実を食べると、
甘酸っぱい味がします。 浜梨と呼ばれハマナシが、
転訛(てんか)して、ハマナスの言われに由来します。

ジャムや果実酒にも利用されますが、
ヨーロッパのバラの品種改良の親株として、
沢山の園芸種が生み出され、バラの名前にルゴサが付いています。

ハマナスの香りを取り出す、ローズ油の生産工場が、
北海道にあります。 化粧品の香料の原料として、
ヨーロッパと比較すると、小規模の生産にとどまっています。 
ヨーロッパからローズ油が、多く輸入されています。 
日本も沢山できると良いですね。

黄八丈(きはちじょう)は、八丈島が有名ですが、
秋田県の秋田黄八丈は、ハマナスの根に含まれる染料で、
染め上げる伝統の染色工芸品です。

f:id:arb_takahashi:20170804175435j:plain
マイカイ

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ハマナスの南限が、茨城というのは何十年も前に知っていたが、
山梨に来たら、ハマナスが咲いてる。海岸でもないのに、
おかしい。知識不足で、間違ってました。マイカイという、
ハマナスにそっくりな花でした。
マイカイは、中国原産で昭和になってから、
入ってきた花で、ハマナスとは全く違う品種の花です。
植物園などでも、見られると思います。

しかし、ハマナスの別名で、マイカイ(玫瑰)は古くから、
呼ばれてきた名前で、図鑑などにものっています。
江戸初期(1698)、貝原益軒が「花譜」で「玫瑰花」に、
はまなす」のふり仮名をつけたのが、最初のようです。

牧野富三郎博士の、日本植物図鑑1940(昭和15)によって、
訂正されるまで、ハマナスの別名をマイカイ(玫瑰)と、
呼ばれてきました。間違うのも当たり前ですね。

ハマナスの名前を知ったのは、1960年代の北海道原生花園
そして1970年の森繁久彌さんの知床叙情で、一気に心の中に。
知床の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちの事を
飲んで騒いで 丘にのぼれば
はるかクナシリに 白夜は明ける

しかし、その後ハマナスを見ても、あまり感激はしなかった。
咲いてる期間が長く、枯れた花が多く、きれいな時期に、
あわなかったのでしょう。未だに出会っていません。

いつの日かと思いながら、夢見ています。
北海道海岸地域に出かけた時は、探してみてください。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。