今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「キンセンカ」見てるだけで目に良いと言われてる花!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

8月13日 誕生日、今日の誕生花「キンセンカ
盆花だけじゃありませんサフランの代用ハーブです!

f:id:arb_takahashi:20170813220544j:plain

キンセンカって、仏壇やお墓にそなえたりするだけじゃなく、
ハーブです。ヨーロッパでは、サフランの代わりに使います。
花は2~3日楽しんだら、花びらをむしって乾燥させ、
かわかしたら、ビンにいれて保存。1年中なににでも使えます。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

8月13日 誕生日
バースデーフラワー【キンセンカ

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170813220640j:plain

キンセンカとは】

キンセンカは、トウキンセンカカレンデュラ・オフィシナリス)
とホンキンセンカカレンデュラ・アルウェンシス).の
2種類があります。

一般的にキンセンカと呼ぶのは、トウキンセンカの、
カレンデュラ・オフィシナリスで、広く栽培されています。
主に切り花や花壇や鉢植えに、古くから利用され、
仏壇のイメージがある花です。

日本には17世紀の中頃に入って来て、昭和初期に、
太平洋沿岸の暖地で、切り花向きの栽培が始まりました。

キンセンカは本来、カレンデュラ・アルウェンシスに、
付けられた和名ですが、区別する為に、牧野富太郎によって、
ホンキンセンカと改称されましたが、あまり使われていません。

ホンキンセンカは中近東原産で、小輪系の別種です。
ギリシア神話に登場する花ですが、中世のヨーロッパでは、
ハーブとして用途が多く、乾燥した花びらは樽詰めにして、
売られ民間薬にされた他、バターやチーズの色付け、
調味料などに使われていました。

中国には6世紀半に伝わり、日本へは和名抄(わみょうしょう)に、
金銭花(こむせんか)の名が出ていて、10世紀迄には、
入ってきたと思われます。室町時代の仙伝抄(せんでんしょう)
池坊専応口伝(いけのぼうせんのうくでん)には、
いけ花の花材として名前が出ています。

和名のキンセンカは、中国名の「金盞花」を、日本語読みし、
盞は盃で、花の色と形を「金の盃」に例えたものです。
別名のカレンデュラは、学名のCalendulaからきています。
毎月の1日に由来し、どの月の初めにも咲いているほど、
花期が長いから名づけられ、カレンダーの語源と同じです。

キンセンカは、地中海沿岸を中心に、20種ほどの原種があり、
秋にタネを蒔いて、翌春に花を楽しむ、秋まき一年草です。
現在は花壇、切り花、鉢植え用に栽培され、「冬知らず」の
名前で、苗が出回っています。

ハーブとしては、マリーゴールドやポット・マリーゴールドと、
呼ばれたりしますが、園芸ではマリーゴールドは、別の植物です。

f:id:arb_takahashi:20170813220736j:plain
アフリカキンセンカ

  • 別名 カレンデュラ
  • 特色 
  • 科  キク科
  • 原産 南ヨーロッパ
  • 花期 3~6月

f:id:arb_takahashi:20170813221109j:plain
アメリカキンセンカ

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

キンセンカは、一重咲きと八重咲きがあります。
日の出とともに開き、夜には花を閉じてしまいます。
花の色は黄色、オレンジ色、クリーム色などがあります。

「見ただけで目がよくなる」といわれたキンセンカです。
サフランの代わりに、ドライキンセンカを使い、
黄色い炊き込みご飯が出来ます。ドライフラワーを作って、
試してみませんか。
生の花びらは、サラダに散らしたり、料理の飾りが、
良いかもしれません。夜は花がしぼんでます、注意してください。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。