今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ザクロ」5000年以上前からエジプトで栽培されていた果物!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

8月29日 誕生日、今日の誕生花「ザクロ」
海外では果肉をジュースや料理など様々な食用に使ってる!

f:id:arb_takahashi:20170830230439j:plain

ザクロは、原産地が、はっきりしません。5000年以上前から、
エジプトで栽培されていましたから、文献もないのでしょう。
また、多くの事に利用され、現在に、引き続けられて来た、
ザクロを見て、遠い昔を、想像するのも良いかもしれません。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

8月29日 誕生日
バースデーフラワー【ザクロ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170830230532j:plain

【ザクロとは】

ザクロは、世界各地で栽培され、日本でも東北以南の各地で、
栽培されていますが、多くの品種や変種があり、
一般的な赤身ザクロの他、白い水晶ザクロ、果肉が黒いザクロ
などがあります。日本に輸入されて、店頭に並ぶのは、
イラン産やカリフォルニア産が多く、輸入品は、日本産の果実
より大きいです。

ザクロは、日当たりが良い場所を好み、若木は果実がつくまでに、
10年程度かかります。日本では、果実を食べるための、
栽培と言うよりも、観賞用として庭などに植えられてきました。
国産のザクロは、酸味の強いものが多く、カリフォルニア産の
ワンダフル種などは、甘味の強いものが多いようです。

海外では、果肉をジュースや料理など、様々な食用に使って
いる地域もあり、カクテルに使われる赤いシロップの、
グレナデンシロップがザクロです。

原産地については、トルコ、イラン、北インドのヒマラヤ山地に
いたる西南アジアとする説と、南ヨーロッパ原産とする説と、
カルタゴなど北アフリカ原産とする説などがあります。

旧約聖書や古代の医学書などにも、登場しているザクロは、
5000年以上前から、栽培されていました。
ザクロの実は、古代から希望や不死、豊穣(ほうじょう)の
シンボルとされ、ソロモン王の神殿の飾りが、ザクロ唐草や、
西アジアから発掘される女神の像が、ザクロの実を、
持っていたりします。

新王国時代(BC1567~1085頃) 前にエジプトに伝わり、
ギリシア時代にヨーロッパに広く伝わり、東方へは、前漢
武帝の命を受けた張騫(ちょうけん)が、西域から帰国した際に、
パルティアから、ザクロを持ち帰ったとする記述が「証類本草
(1091年~1093年)以降の書物に見られます。

日本には平安時代に、中国から伝わったと、考えられています。
果実は、汁が多く赤色で甘酸っぱいのが特徴です。また、
根の皮や樹皮、果皮は薬用としても、利用されています。

日本では、子授け、安産、子育ての神とされる鬼子母神が、
ザクロと深い関わりを持っています。
染色には、主に果実の果皮を用います。みょうばん媒染で黄色、
鉄媒染で焦げ茶色を染めます。江戸中期の文献「鄙事記」
(ひじき)貝原益軒には、ザクロの果実とビンロウジの実、
五倍子、藍を使った黒染の方法が記され、江戸後期の文献
「機織彙編」(きしょくいへん)には、ザクロの果皮と
ヤマモモの樹皮、藍を使った黒染の染め方が、記されています。

昔から健康や美容によいとされ、好んで食べられていたようです。
アメリカのザクロはワンダフル、ルビーレッドなどの品種。
中国では、水晶石榴、剛石榴、大紅石榴などの品種が、
多く栽培されています。

f:id:arb_takahashi:20170830230655j:plain

  • 別名 
  • 特色 果実
  • 科  ミソハギ
  • 原産 イラン西北部
  • 花期 6~7月

f:id:arb_takahashi:20170830230750j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ザクロの思い出は、小学校帰り道の家に1軒だけ、1本ありました。
他で見たことがありません。花の記憶より、丸い実がたわわに、
枝からぶら下がってます。食べたという噂も聞きません。
毎年、見ながら通り過ぎるだけです。

今でも、ザクロを食べたことがありません。
引っ越してきた場所には、農家の庭先に、植えられてるのが
見られます。寒い冬でも育つんですね。柑橘類はユズ、
カボス以外枯れてしまいます。土地も悪いのでしょう。

赤い可憐な花が咲きます。不思議なことに全開はしません。
半開きのつぼみのような状態です。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。