今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ボダイジュ」映画のタイトル菩提樹!三大聖樹じゃない!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

6月5日 誕生日、今日の誕生花「ボダイジュ」シューベルト菩提樹

f:id:arb_takahashi:20170605034845j:plain

シューベルト菩提樹が、映画で1956年上映されました。
ウイーン少年合唱団のきれいな歌声を聞き、驚かされました。
その後、続編があり、サウンドミュージックでトラップ大佐一家
素晴らしい映画で、エーデルワイスの花を見ました。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

6月5日 誕生日
バースデーフラワー【ボダイジュ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170605035032j:plain

  • 別名 
  • 特色 
  • 科  シナノキ
  • 原産 中国
  • 花期 6~7月

【ボダイジュとは】

ボダイジュは中国原産で、日本へ入ってきたのは、
六条天皇(1164年頃)の時代に、宋に修行に渡った建仁寺の僧、
栄西臨済宗開祖)が、その種子を持ち帰ったと伝えられ、
各地の仏教寺院に植えたのが、広まったと言われています。

中国では、インド菩提樹の木の葉っぱと似ていて、
シナノキ科の木を菩提樹と名付けたそうです。
三大聖樹のインドボダイジュが、日本に知れ渡ったのが遅く、
三大聖樹のボダイジュにインドをつけたようです。

ボダイジュは、高木で小さな黄色の花を咲かせます。
ほとんど目立ちません。ボダイジュの名札がなければ通り過ぎます。

f:id:arb_takahashi:20170605035325j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ボダイジュの名前を知ったのは小学校の音楽。
そして映画から知りましたが、本物の木が、
どこにあるのか知りませんでした。

1980年代に東京都薬用植物園に名札がり、
よく見ると小さな黄色の花が咲いていました。
写真は、その時、写した写真で、今までボダイジュと思っていました。

ネットで見ると花が違うようです。今度は新しい写真を写して、
再登場させます。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。