今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「フウリンブッソウゲ」風鈴に似てる花姿のハイビスカス!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

7月19日 誕生日、今日の誕生花「フウリンブッソウゲ」雌しべが長く伸びて風に揺られるとジャパニーズランタン!

f:id:arb_takahashi:20170729164116j:plain

フウリンブッソウゲは、風鈴に見える、オレンジ色の可愛い花。
少し高い位置から、ぶらさがってるハイビスカス。
ハイビスカスには見えない、横にすれば大きな簪(かんざし)
最近は、いろいろな植物園で見られます。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

7月19日 誕生日
バースデーフラワー【フウリンブッソウゲ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170729164159j:plain

f:id:arb_takahashi:20170729164315j:plain

【フウリンブッソウゲとは】

ブッソウゲが通常一日花なのに対して、
フウリンブッソウゲは、数日間、咲き続けます。
花全体が球状になり、雌しべが、長く伸びてる独特の花姿で、
世界各地の熱帯地方では、庭園などに広く植えられています。
高温性なので、日本では南西諸島を除いて、
露地植えが出来ませんから、温室に頼るしかありません。

ブッソウゲ=ハイビスカスには、数え切れないほどの、
種類があります。一般的に見られる多くのハイビスカスは、
園芸種です。ハワイに移植され、品種改良で人気になった花。

フウリンブッソウゲは、東アフリカのサンジバル島原産の 常緑低木で、高さは約3mにもなる、ハイビスカスの原種です。
各種の原種は、以前から比べれば、見かけなくなりました。

別名のコーラル・ハイビスカスは、花色や形がサンゴに、
似ているから付けられたそうですが、似ているとは思えません。
英名では、風に揺れる様子が、ランプにも似ているから、
ジャパニーズ・ランタンと呼ばれています。
英名のほうが、ピッタリと言い表していると思います。

f:id:arb_takahashi:20170729164417j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

最近、どこの植物園に行っても、見られるフウリンブッソウゲ。
風鈴に見える、オレンジの可愛い花。

どうしてブッソウゲにしたのでしょう。
確かにブッソウゲの花ですが、一般的にはハイビスカスの方が、
知名度もあるし、人気があります。
風鈴が和名だから、そのあとも和名にしたのでしょうか。

ハイビスカスには、どうしても見えない花姿。
風鈴のような珍しい花です。
もっと早くから紹介されていても、おかしくないと思います。

世界には珍しい花や、知らない花が、たくさんあります。
いろいろな花が、沢山見られるようになって、
嬉しく思います。是非植物園に、足を運んでみてください。
新しい発見は、明日から人生を変えてくれます。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。