今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「ケシ」アヘンやモルヒネの栽培禁止の花!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

5月22日 誕生日、今日の誕生花「ケシ」
栽培禁止で特定の場所しか見られない!

f:id:arb_takahashi:20170522035243j:plain

栽培禁止のケシを見ることが不可能です。
東京都薬草園に、厳重な鉄骨に囲まれて栽培されてます。
数種類のケシの花が咲いてます。栽培禁止と言われない限り、
園芸品種のケシと似ていて、見分けがつきません。

花の思い出を作るのは、あなたです。
いろいろな花に、巡り会える幸運を祈ってます。

5月22日 誕生日
バースデーフラワー【ケシ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

f:id:arb_takahashi:20170522035323j:plain

  • 別名 
  • 特色 麻薬、モルヒネ
  • 科  ケシ科
  • 原産 トルコ、インド
  • 花期 5月

f:id:arb_takahashi:20170522035457j:plain

【栽培禁止ケシとは】

ケシは、室町時代南蛮貿易によって、
ケシの種がインドから津軽地方に入ってきたのが、
最初と言われています。また、栽培植物として歴史が古く、
紀元前5000年頃と考えられる。
メソポタミア文明からエジプトを経て、ギリシャに、
そしてローマ帝国を経て、ヨーロッパ全土に広まり、
大航海時代を経て、アヘン原料として世界各地に広まった。
特にイギリスは植民地であったインドで、大々的な栽培を行い、
アヘンを支那へ輸出し、莫大な利益をあげた。

日本は、明治の中頃、大阪府三島郡で大規模生産に乗り出し、
品種改良したモルヒネ含有量が、既存種の数倍に達する、
優良品種を作り出し、アヘン年間生産量は15トンに達し、
全国生産額の50%は和歌山県有田郡で、40%が大阪府三島郡が、
占めるようになっていた。

また、日本は台湾統治開始後、台湾においてアヘンの製造と消費が、
一大産業と知り、台湾のケシ栽培を、課税対象を厳格化して、
40年かけ台湾のケシ生産を消滅させた。
その後、満洲などでアヘンの生産を大々的に拡大して、
台湾への輸出・販売を台湾総督府の専売制とし、
莫大な利益を得て、戦費調達をしていた。

終戦後の1946年、GHQがケシ栽培を禁止し、国内生産は途絶えた。
1954年「あへん法」「麻薬及び向精神薬取締法」により、
禁止されたが、翌1955年から栽培が再開された。
戦前のような、大規模栽培は復活することなく、
他国に比較して非常に厳しい法律で、管理された施設しかない。

それでも、平成22年5月に、平成23年5月に一般園芸店を通じて、
ケシの種が流通したそうです。もちろん焼却。


トルコ種             インド種


アヘン              ハカマオニゲシ


アツミゲシ            ボタンゲシ

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

ケシは移植することが出来ないから、種を直にまかなければ、
ならないそうです。
ケシやアツミゲシ(渥美半島帰化)によく似たケシを、
植えてもよいケシは、ヒナゲシナガミヒナゲシ、 モンツキヒナゲシアイスランドポピーオニゲシ(オリエンタルポピー)

花びらが落ちた後の未熟果に、傷をつけると乳液が出て、
アヘンが穫れ、精製してモルヒネやヘロインが出来る。
ヘロインは麻薬に指定されているが、
モルヒネは医学薬学に重要である。不思議な世界だ。
もっと大量に生産すれば、医療費が安くなる。

アツミゲシはアフリカ原産。1960年代に渥美半島で、
初めて帰化が確認され命名された。
ハカマオニゲシペルシャ原産。花びらの下にハカマとよばれる、
葉っぱがついて、花は深紅で、花びらの元に黒い斑点がある。
オニゲシ(オリエンタルポピー)によく似ているが、オニゲシには、
深紅の花の種類がない点で区別できる。

「あへん法」では、種子は取り締りの対象から外されている。
所持していても、法的に問題ないが、発芽させると法に触れる。
種子は煎る(いる)と香ばしく、あんパンやケーキに振り掛けたり、
七味唐辛子に混ぜるなどして、使われてるそうです。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。