今日の誕生花!私の誕生花!誕生花カレンダー2001年日本初登場!

誕生花は世界中から、日本の原産から、山野草、園芸種、珍しい花を選んだ、花の百科事典。 バースデーフラワーを楽しんで、1日を幸せに。

今日の誕生花「チガヤ」夏越の祓(なごしのはらえ)の茅の輪くぐりの材料!

誕生花に登場する花は、365プラス1種類!誕生花カレンダーより!

6月30日 誕生日、今日の誕生花「チガヤ」
茅の輪くぐりで無病息災!

f:id:arb_takahashi:20170630045945j:plain

チガヤは、別名の多い花です。開花前の若い花穂はツバナ。
チ、アマネ、アマカヤ、フシゲチガヤ、マクサ、キャコ、オンバコなど。 たくさん生えるから「チ」(千:1000の意味)「ガヤ」(茅)と、 名づけられています。

花の思い出を作るのは、あなたです。
巡り会える幸運を祈ってます。

6月30日 誕生日
バースデーフラワー【チガヤ】

お誕生日、おめでとうございます。
素晴らしい1日と1年、感動が味わえる幸運を願ってます。

また「誕生日」は、あなたの出生を祝うだけでなく、
この世に誕生させてくれた、ご両親に感謝する日です。
ぜひ、ご両親に感謝の言葉を、贈ってくださいね。

  • 別名 ツバナ
  • 特色 
  • 科  イネ科
  • 原産 日本固有種、アジア、ヨーロッパ
  • 花期 5~6月

f:id:arb_takahashi:20170630050122j:plain

【チガヤとは】

チガヤは、葉っぱが出る頃と同時に、つやのある白い、
若い絹毛を持った穂を出します。
茅(ち)は屋根に葺く(ふく=おおう)イネ科植物の総称です。
チガヤは草丈が低いから利用されにくく、草丈の高いススキなどが、
使われてきました。それが茅葺き(かやぶき)屋根です。

チガヤ属には、世界の熱帯から暖帯に、約10種がありますが、
日本には1種だけあり、北海道から琉球列島までの、
全土に繁殖しています。
外国ではアジア大陸の中西部からアフリカ、オーストラリアに、
わたる広い範囲に分布し、現在では北アメリカにも帰化しています。

アメリカでも、アジアでも、オーストラリアでも、ヨーロッパでも、
アフリカでも、見たことがないです。季節が合わなかったのでしょうか。 チガヤは、穂が独特だし、光を受けると白く輝いて、群生していて、
目立つ花で、車で移動してますから、見落としたり、
気がつかなかったは、ないと思ってます。

また、花穂を乾燥させたものは強壮剤、根茎は茅根(ぼうこん)
と呼ばれて、利尿、止血の漢方薬として用いられています。

チガヤには魔除けの力があるといわれ、6月30日の夏越の祓
(なごしのはらえ)12月31日の年越の祓(としこしのはらえ)
の「茅の輪(ちのわ)くぐり」があります。

日本神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓い(みそぎはらい)
を起源として西暦701年の大宝律令(たいほうりつりょう)によって、 正式な宮中の年中行事に定められました。
茅の輪をくぐり、心身を清め、大祓詞(おおはらえのことば)
という祝詞(のりと)を唱え、罪や穢れを祓い、年越の祓までの半年を、 新たな気持ちで、過ごすことができるように祈る神事です。

6月は、夏の暑さがはじまり、心身が疲れたり、気力が衰えるなどして、 病気が流行る時期と考えられていて、夏を病気などせずに、
乗り越えられるように、という願いが込められています。

茅の輪(ちのわ)くぐりの輪が、チガヤの葉っぱで作られています。

夏越の祓は6月の風物詩ですが、12月の年越の祓は、
除夜の鐘に押されて、やらない神社もあります。

f:id:arb_takahashi:20170630050221j:plain

f:id:arb_takahashi:20170630050347j:plain

【感想】

あなたの誕生花は、いかがでしたか?
気に入らない花が、あるかもしれません。
日本の長い歴史の慣習から、伝統行事から、危険毒草から、
登場させています。

チガヤは非常に繁殖力が強く、世界最強の雑草と言われている。
その他にも繁殖力が強くて、畑や庭で、困らせてくれる植物に、
スギナ、セイタカアワダチソウ、アカザ、ドクダミなどがある。

チガヤは、使い道も沢山あって、昔から茎葉は乾燥させて、
屋根を葺く(ふく)(屋根をおおう)のに使い、 また枯れかかった穂を火口(ほくち)(火を起こす材料)に使われたり、
乾燥した茎葉を、梱包材としたり、肥料にしたりと、
用途の多い植物であった。

チガヤは、サトウキビの近縁で、植物体に糖分を蓄える性質が、
あるそうです。子供の頃に、
チガヤの新芽に巻かれた穂を引き抜いて、食べると甘味があり、
食糧難の時代の、子供の遊びながらの、食べ遊びでした。
また、若い穂でないと、甘味がありません。

こういう知恵は、どこから来たのでしょう。
食べられるなり、甘いということを、子供たちの世界で、
誰かが受け継いできたのだと思いますが、記憶にはありません。
万葉集にも穂を噛む、記述があるそうですから、長い間の伝統ですね。

また現在では、ちまき食べ食べのちまき(粽)は、ササの葉などに、
包まれていますが、本来は、チガヤに巻いた「茅巻き」で、
名前の由来になっていたという説もあります。

あなたの誕生花が、幸運をもたらせてくれるよう願ってます!
人生は一度しかありません!過去は戻らないが、未来は作れます!
未来に夢を描きながら、素晴らしい人生を送ってください!
写真家 高橋克郎より。